虫歯治療の真実!生活習慣改善で歯を守る

歯の構造を知る

敵を知り、己を知れば百戦危うからず。
自らについてどれだけ知っているかが勝負を分けるのは、歯科治療でも同様です。

 

皆さんは、歯についての知識をどれほどお持ちでしょうか?

 

人体の構造は知っているけど、歯についてはわからないという人が多いと思います。
歯医者さんで治療を受けるとき、
歯に関する知識を持っていれば安心して治療を任せられるのです。

 

高い評判の豊洲の矯正歯科はその評判どおり、豊富な知識と高い技術で対応してくれるため、そのあたりは安心です。

 

歯の1番外側の白い部分を、エナメル質といいます。
人体で最も硬い組織である一方、1度壊れてしまうと自己再生できません。

 

エナメル質の下に存在するのが、ゾウゲ質です。
温度の変化を神経に伝える役割があります。
虫歯になると冷たいものや熱いものが浸みるのは、
エナメル質が溶けたせいでゾウゲ質がむき出しになったためです。

 

ゾウゲ質と歯茎の境には、セメント質といわれる部分があります。
歯の根元を再生する働きを司っているのです。

 

虫歯治療において、神経を抜くといわれるときに取り除かれるのが歯髄です。
神経の他にも血管が通っています。
血管を抜くと栄養が行き渡らなくなるため、
歯髄を抜いた後の歯は免疫力が落ちてしまうのです。

 

歯肉とは、いわゆる歯茎のことを示します。
歯を支える歯槽骨に膜を張ることで守っています。
歯周病が発展すると、歯茎が下がり歯の抜け落ちにつながるのです。

 

セメント質と歯槽骨の間には、歯根膜というクッション性の強い物質があります。
歯根膜のおかげで、歯は強い衝撃に耐えられるのです。

 

歯髄と全身の血管はつながっているため、
歯の異常が他の部位へ悪影響を及ぼす恐れがあるのです。

虫歯になりやすい人とは

虫歯の痛みは、如何とも表現し難い辛さですよね。

 

痛くなる前に歯医者へとよくいわれるのは、
痛みを感じてしまった段階で、かなり虫歯が進行しているからなのです。

 

虫歯を引き起こす原因は、口腔内に存在する無数の虫歯菌になります。
虫歯菌が糖類をエサとして繁殖する過程で、エナメル質を溶かす酸を排出するのです。
食物が口に入ってから酸が生まれるまで、わずか数分間しか要しません。

 

歯を虫歯から守っているのが、唾液になります。
食物を噛みながら唾液を分泌することで、私たち身体は虫歯を防いでいるのです。
したがって、唾液の分泌量が少ない人ほど虫歯になりやすいといえます。

 

また、唾液がいくら分泌されても、口の中が乾きやすい人は要注意です。
口呼吸の割合が多い、歯並びや噛みあわせが悪いと口腔内が乾きやすくなります。

 

お菓子を食べると虫歯になる。
子供の頃にこういわれた経験はありませんか?
その理由は、糖類が虫歯菌の栄養となるからなのです。

 

虫歯菌の温床となっている物体が歯垢、いわゆるプラークです。
プラークとは、簡潔にいうと歯の表面に付着した細菌の塊です。
虫歯のみならず、歯周病の原因としても知られています。
プラークに包まれた虫歯菌は、唾液の浄化作用を受け付けません。
歯磨きをする習慣の無い人は、
口腔内にプラークが蓄積されるため虫歯に悩まされるのです。

 

強い痛みを覚えるほど虫歯が進行した人は、
エナメル質が溶けだして歯髄が露出していることがほとんどです。
こうした場合は、歯髄や歯の根元を取り除き消毒する必要があります。
 

更新履歴